少しづつ知られてきている“信託”という選択肢

私が住んでいる高知県は、資産の管理や承継の手段として、「信託」という選択肢があるということがまだまだ知られていません。とはいえ、ネット上でも、書籍でも信託に関する情報が増えてきたので、以前よりは「信託をしたい」とか「信託について聞きたい」という相談が増えてきている気がします。

私自身は、相続関係で相談を受ける際は、ケースにより信託という方法があることをお伝えしています。例えばよくあるケースで、何らかの事情で実の子どもたちには遺産を引き継がせる気はないけど、世話になっている姪に遺産を渡したい…というような相談がよくあります。

 この場合、一銭も相続人(子供たち)には渡したくない思いがあるなら、遺言では不十分です。遺留分の問題が残ります。この思いを実現させるには信託しかありません。もちろん、まだ裁判例等もないため、争われる可能性がないとはいえないこともお客様にはお伝えしています。思いの強いお客様はそれでも信託を選択されます。

最近も、成年後見の相談から詳しく話を聞くと実は相続の悩みで、更に信託がマッチしそうな内容、という話がありました。また、ペットシッターをしている方からも信託をしたいというお客様がいるという連絡もありました。少しずつですが、信託という言葉が聞こえてくるようになった気がします。

これからも地道に親愛信託を普及させていきたいと思います。

一般社団法人よ・つ・ば信愛信託こうち  理事  岡﨑千佳

高齢化率の増加

一般社団法人よ・つ・ば親愛信託ちばの岩井です。

私は不動産業を営んでおりますが、ここ数年、高齢者の方を賃貸で受け入れることが増えてきました。

日本の人口は現在約1億2500万人、厚生労働省の人口動態統計によると2050年には1億人をきると推計されています。人口減少と同時に高齢化の問題も。

賃貸業をしていますと、お一人暮らしをされていた高齢者の方が急にお亡くなりになったり、ご家族と住んでいても転んだことが原因で急に認知症のような症状になったり…というお話もよく聞きます。

本当に急に何が起こるかわからないなぁと感じています。

そうはわかっていても、「ご自身が亡くなったら?」の質問をしても、「まだ大丈夫」と言われることが多く、なかなか対策に向けて動いていけない方も多いと思います。

相続対策についての大切さは気付いている方は多いのに…と、もどかしい気持ちになります。まずは急になにか起こったときのご自身や家族に起こる問題点に気付くことも大切かと思います。

家のリフォーム相談をするように、相続の相談なども気軽にでき、問題点をきちんと伝えられるような環境づくりにも励まなきゃいけないと、私自身も日々勉強を重ねていきたいです。

一般社団法人よ・つ・ば親愛信託ちば 理事 岩井 勇大

こんな “ 不安 ” お持ちではないですか?  家族のこと、資産のこと、事業のこと・・

①故郷の母親が認知症を患い施設に入ることとなった場合、母親名義の不動産や金銭財産をうまく活用できるだろうか?

②最近判断能力が低下してきたような気がする。アパートの管理は業者に任せているけど、このままで大丈夫だろうか? 近頃いろいろ考えるのが億劫になってきた。

③今は大丈夫でも近い将来認知症を患った場合、自分の財産の管理は子供の〇〇に任せたい。

④成年後見制度では、柔軟な財産管理・運用ができないと聞いた。

⑤来年、所有している農地の生産緑地指定から30年が経過するが、市からアンケートがきているがどうしようか? 家族が余分な苦労をすることがないようにしたい。柔軟な対応ができるように準備しておきたい。

⑥同居の次男にはいろいろ世話になっている。遠方に住む長男とは疎遠だ。先祖代々から伝わる土地やアパートなど次男に多く継がせたい。また二次相続についても自分で決めておきたい。

⑦障がいのある子供の生活を保障しておきたい。

⑧現在喫茶店事業を順調に経営できているが、健康に不安のある子供35歳がおり将来が不安だ。

⑨自社株の引き継ぎタイミングを考えている。コロナ禍で株価が下がった今がいいだろうか?後継者はまだまだ頼りない。贈与税はどうだろうか?

・・・・・・・・

このような “不安” を感じていらっしゃる方は親愛信託を利用することで、不安を解消する道が開けると思います。

是非、ご連絡ください。

一般社団法人 親愛信託名古屋  代表理事 今井博幸

ペット信託®とは

☆ペットを信頼できる人に託します。

☆ペットと一緒に財産を託す必要があります。ペットは自分で稼ぐことができないので、ペットのために使える財産も一緒に信託する必要があります。(金銭や不動産があれば金銭や不動産も一緒に信託財産とします。)

☆条件はありますが、生命保険を使うことも可能です。

  • 少額短期保険(死後事務委任契約が必要)
  • 生命保険信託(認定NPOなど限定される)
  • 生命保険の場合は受取人の協力が必要です。

☆自分がいなくなった時に必要がなくなった不動産などの財産を金銭に変えてペットのために使えるようにしておく。

  • ペットを飼っている方は不動産を所有するケースが多い。
  • 一人暮らしの方の場合は、ペットも不動産もその方がお亡くなりになった時にどうするのかという対策をお元気なうちにきちんとしておくことが必要です。

★ペットと不動産

【共通点】

財産である・持ち主にとっては大切な もの・計画的に買(飼)わなければ最終的に厄介者になり、空き家問題や殺処分が問題になる

【方法】  

☆ペットも不動産も事前に信頼できる人と親愛信託契約をします。

・信頼できる人に名義のみを(受託者に)変えておきます。

・財産権はご自身が持ったままなので贈与税などの税金はかからずに、管理などを名義人になった人に託すことができます。(認知症になっても、お亡くなりになっても、ペットや不動産は放置されることなく、信頼されて名義人になった人が管理などを続けていくことになります。

・お亡くなりになったあとの権利を引継がせる人も指定しておくことができます。管理する人とは別の人を指定するので、ご本人の状況に合わせて選ぶことができます。

・遺言だと、老後の万が一の認知症対策になりません。

・遺言だと、名義だけ変えるということができないため、財産を渡してしまうことになり、もらった人の自由になります。元々財産を持っていたご本人の意思が反映されなくても責めることは出来ず、引き継いだ人の自由になってしまいます。

☆自分が亡くなると不動産は必要なくなるので名義人(受託者)に売却してもらいます。


☆信託されている不動産は金銭に変わります。


☆管理を任された信託財産の名義人(受託者)は、信託財産であるペットを不動産が信託金銭に変わった金銭を使って、ペットを飼育します。


☆受託者本人が飼育する必要はありませんので、ペットの飼育施設に金銭の支払いをするという形でペットを飼育します。

 もちろん自分で飼うことも出来ますが、自分で飼えない人も受託者になることができます。

☆自分の財産を承継する人を決めておくので、その財産権を引継いだ人が新たな受益者となります

・受益者はペットという財産の権利を持っている人なので、自分のペットが施設でしっかり飼われているかどうか見守ることになります。自分の財産なのでしっかり守ります。

☆そうするとペットの飼育費用は、受託者が不動産を売却して金銭に変えて、ペットがきちんと飼われているかは、受託者と受益者で見守ることになります。

☆飼育施設は信託契約の当事者にはならないので、施設が財産に対する権利を持つことはなく、ペットを自由に処分することは出来ません。

☆財産(ペット)を管理する人と財産(ペット)の権利を持つ人。実際に財産(ペット)を飼う人。

 それぞれ違う人なので、お互いに協力しながらペットを見守ることができます。一人で財産を持ってしまうと間違った考えが出てきて求める人がいないので、複数で協力することが大切です。

☆登場人物が少ない場合、別の対策を取る必要が出てきますが、信託を使ってペットの将来を見守る事には変わりありません。



協同組合親愛トラスト 理事長 松尾陽子

住宅価格上昇と空き家信託の活用

 最近、世界情勢やコロナ禍のリモートワークにより住宅価格が上昇しております。

上昇の理由に、木材価格の上昇「ウッドショック」が挙げられます。

木造住宅の材料となる木材ですが、国産木材より安い外国産木材が多く利用され、日本で利用される木材のほとんどがロシア産です。

ロシアは世界有数の木材輸出大国で、その輸出量は世界全体の約21%を占めています。

その状態でロシアのウクライナ侵攻がさらに「追い打ち」をかけ木材が上昇している状態だと言います。

 よつば北海道の理事と不動産業者を兼ねている私の私見でも、住宅価格の上昇は当分続くと思われます。

その状態で、新築建売をしている不動産業者は販売価格の高騰、購入者層の減少、建築用地の取得難が増えた場合、次の展開を考えると中古住宅をリノベーションして販売していきます。

 

 中古住宅のリノベーションとは、今ある家の基礎、柱や梁等の構造体をそのまま利用して家を作るから、木材等やその他建材も最小限で済ますことが可能になります。

工事の方法によっては、耐震補強工事も含めて行えます。

中古住宅を取り壊し、更地にて新築を建てるよりコストが低く建築できます。

 親が施設に入所している・相続等で引き継いだ実家等を空き家にしている場合、放置空き家のリスクが発生します。(空き巣、雨漏り、害虫、失火等)

 空き家を信託して、管理・維持・処分をスムーズに行えるようにすると、リノベーションして売却や賃貸として貸し出したりすることも可能になります。

空き家等を所有している方は検討してみてはいかがでしょうか。


一般社団法人よ・つ・ば民事信託北海道 理事 市下順紀(宅建士)

あなたの財産を「誰に」「どう」のこすか

よつばグループ最南端、沖縄より石原桃子です。

さて、皆さまは、自分の財産を「誰に」「どう」のこすかを考えたことがありますでしょうか?「誰に」は意識したことある方も多くいらっしゃるかもしれません。

私は行政書士として日々業務を行う中で、よくお客様からこのような相談を受けます。

「自分が死ぬときに、自分のパートナーに自分が望むように財産をのこせるの?」

「自分が望むように」と言われると、なかなか「出来ます!」と即答できないところがあります。シンプルなようでいて、「望むように」ということほど難しいことはないかと思います。

「遺言でパートナーにのこすように書けば大丈夫じゃないの?」

こういったお声もありますが、遺言ではあなたの財産の行先しか定めることができません。また、遺産分割の当事者全員の合意があれば、遺言者の指定する遺産方法と異なる分割も有効となります。つまり、遺言者の意思のとおりの「誰か」にのこせるとは限らないといえます。

次に、「どう」のこすか、を考えたことはありますでしょうか?

あなたの死後、あなたの財産は、あなたの望むように処分されるのでしょうか?遺言では、財産の使途を指定することができません。もしかしたら、単に浪費してしまうかもしれません。生活や学費のために使ってほしくて財産を残したのだとしたら・・・あなたが望むように処分されたと言えるでしょうか。あなたがのこした財産は、あなたの望んでいないことに使われてしまうかもしれません。

自分のパートナーに自分が望むように財産をのこしたいのであれば、遺言では難しいこともたくさんあるのです。

しかし、親愛信託では、「誰に」「どう」のこすかというあなたの望みを形にすることができます。

あなたの財産を、信託財産とすることで、その財産は定めた一定その目的に沿った管理又は処分しかすることができません。あなたが定めた目的以外の管理又は処分は認められません。

つまり、財産をだれにどうのこすか自分が望んだように財産管理を行うことができるということです。

遺言では死後の財産の行先しか指定できませんが、信託を活用することで、より未来まで財産を管理することができます。

例えば、

死後パートナーに財産を「生活費」を目的としてのこす

先祖代々の財産を直系のみに受け継がせる

といったこともできるようになるのです。

親愛信託では、自分の財産を、遠い未来に託すことができます。

死後だけではなく、遠い未来に思いを馳せて、自分が望んでいることを私たちに相談してみませんか。

各社団にて、みなさまのご相談をお待ちしております。

一般社団法人よつば親愛信託おきなわ 石原桃子(行政書士・宅建士)

簡単にわかる認知症

歳をとるにつれて、人の名前が思い出せなくなるなどの老化によるもの忘れは起こります。しかし、認知症は老化による物忘れはとは違います。

老化による物忘れは物事の一部を忘れますが、ヒントがあれば思い出せます。

それに対して認知症は、物事の全体がすっぽり抜けて、ヒントがあっても思い出すことができません。

認知症になると、一度は正常に発達した脳の知識機能がある時から少しずつ低下していき、日常生活に支障が出て来ます。認知症の人の脳では、病気などの原因によって神経細胞の破壊が進んでいると考えられています。

65歳以上の高齢者で認知症になる人は、2030年に830万人、2060年には1,154万人に年々増加すると推計されています。

[参考]家族と考える認知症ケアブック(SOMPOひまわり生命保険株式会社)

一般社団法人よつば親愛信託大分   安藤哲明

人の心理を動かすテクニックについて

人が物・サービスを買うときの心理を考えたことはありますか。


私たちが暮らす日常はさまざまな物・サービスを売り買いすることで成り立っています。
ネットやSNSに情報があふれる中で、単に“いいもの”が売れるという時代では
なくなってきているように感じます。


また、あなたが本当にいいもの・いいサービスを扱っていたとしても、
実際にお客様に売れて、体験してもらわないとその価値は伝わりませんよね。


さて、今回は人の購買行動を促す心理テクニックについて、2つ紹介いたします。


1. フット・イン・ザ・ドア・テクニック
小さな要請を重ねていくことで大きな要請(本当の目的)を通すテクニックです。
こんな経験はありませんか。
街中で入った洋服屋にて、店員さんに試着をしつこく勧められることがあります。
「別に試すだけならタダだから」と試着した結果、「結局買う気がなかったのに
いつの間にか買ってしまっていた」という経験は誰にでもあると思います。
人は、最初の依頼に対しては「受け入れる」「断る」自由を持っています。しかし、
その自由は依頼が繰り返されるにつれて小さくなり、ついにはなくなるのです。


2. ロー・ボール・テクニック
一般に人は安い買い物が好きです。カフェで休んでいますと、周りのママ友集団の声が
聞こえてきます。「あそこのお店で商品全品20%オフだったからいろいろ買っちゃった
のよ」「え~、すご~い」と。
そこでは、安い買い物をした人がまるで勝者のように賛美されています。
しかし、実は安い買い物をしたというイメージにだまされている場合が少なくありませ
ん。
「セールなどで安いものを見つけ買う」→「得をする、自分の賢さが証明される」という
単純なルートを通って流されてしまい、この意識に逆らうことは容易ではないのです。
実際にどれほど安くなっているのか疑わしい商品が、セール期間というだけで飛ぶように
売れてしまう理由がここにあります。
このように、ロー・ボール・テクニックとは、最初は相手の受け止めやすい球を投げて、
とにかく受け止めさせた後に、本当に投げたかった球を投げるという心理テクニックで
す。
一度OKを出してしまうと、その後に予期せぬ情報が告げられても、OKしてしまう確率
が上がります。


最後に、今回は人の購買行動に関する2つの心理テクニックを紹介しました。
身の回りにある心理テクニックについて知ることによって、
自分の身を守ること、何かを売ることを達成しやすくなります。
みなさま、この機会に人の行動心理に触れてみてはいかがでしょうか。


一般社団法人よ・つ・ば民事信託協会大阪 理事 新井勇樹

財産を認知症等で凍結させないために

認知症等判断能力をなくなってしまうと、自分で契約行為ができなくなります。

つまり、不動産売買ができなくなりますし、預貯金の解約もできなくなります。

親が認知症等判断能力をなくなった場合、子は自分が成年後見人になれば自由に親の財産を扱えると思っているかもしれませんが、実際は成年後見人には弁護士等専門家が就任する割合が高いです。

ましてや成年後見人は成年被後見人(認知症等判断能力をなくなってしまった人)の財産を自由に扱うことはできません。家庭裁判所の監督下に置かれます。

家庭裁判所としては、財産を減らさないように考えますので、不動産売買や借金、投資などは基本認めません。

つまり、認知症等判断能力をなくなってしまうと財産は凍結させられてしまいます。

このように財産を凍結させないためにはどうしたらよいのでしょうか?

それは自分が元気なうちに、財産を託せる人(子など)に財産をまかせる親愛信託を活用しましょう。

親愛信託により、受託者は委託者の思いを受け、受益者のために財産を管理・処分することができます。

老人ホームに入所するために実家を売買する場合や不動産オーナー、会社経営者等には特に有効な手段です。

親愛信託は色々な場面で活用できます。まずは元気な今のうちに検討をしていただきたいです。

一般社団法人よつば親愛信託大分  阿部豊志

信託ってなあに?

信託にすると所有権ではなくなります。

相続財産でもなくなります。

「信託」と聞くと多くの人が「信託銀行」や「投資信託」などを思い浮かべるのではないでしょうか?

もしくは、「民事信託」や「家族信託®」という言葉も聞いたことがあるという方もいらっしゃると思います。

今まで聞きなれなかった信託という言葉が頻繁に使われるようになり、最近じわじわと普及してきています。

例えると、携帯電話が普及し始めたころに、

IPHONEもスマホの一種なのに「私が持っているのはスマホじゃなくて、IPHONEだから」と言っていたように、普及が定着するまではあいまいな使い方をすることも多く、「何のことだかよくわからない…」と戸惑う人もいるのではないでしょうか?

ただ、生活に浸透してしまえば当たり前になってきます。
今は普及の段階なので、戸惑う方もいらっしゃると思いますが、近い将来に当たり前の世の中が来ると思います。

まず、信託と使われている言葉として

「信託銀行」や「信託会社があります。

これは業として行われる商事信託と呼ばれるもので、信託業法により免許を持つものや登録を受けたもの、また金融行為として認可を受けたもののことです。

私たちが活用している「親愛信託」や「民事信託」、「家族信託®」と呼ばれるものは、信託を業として行っている商事信託と違って、信頼関係のもとで行われるものです。

平成18年に信託法が改正され、投資を目的とした商事信託だけでなく、一般の方同士で行う新しい形の信託が可能となり、また自己信託というものもできるようになりました。

この改正後しばらくして、相続問題や認知症の対策ができると注目されるようになってきました。

「親愛信託」という呼び方は、実務を行っていくうえで生まれたものです。ご相談を受ける中で、「民事信託」に関しては、民事裁判や民事事件というものを連想してしまい、争いごとを考えてしまう。「家族信託®」に関しては、相談者の方から「私には家族がいないので信託はできないのでしょうか?」また「信託の契約は何親等以内の人と出来るのでしょうか?」というような質問を受けることがあり、何かもっと適切な言葉はないかと考えた結果「親愛信託」と命名しました。

協同組合親愛トラスト 理事長 松尾陽子