親愛信託東京

☎︎ 03-6884-7374

TEL:03-6884-7374

TOP >  個人の方へ

個人の方へ

ここでは個人の方の親愛信託の活用方法をご紹介します。

相続対策

日本の民法では遺言があれば遺言どおり、遺言がなければ法定相続となっています。自分の死後に自分の思い通りの相続を行うには遺言を使う方法もあります。しかし、日本には遺留分という制度があり、相続の時に、例えば親不孝な相続人がいたとして、その相続人にも一定の相続財産に対する請求が可能となってしまいます。親愛信託は遺留分対策としての効果もあります。また、自分の子供が配偶者がいるば結婚していない場合など、財産を子供の配偶者側の親族に相続するより、自分の家族に相続させたい場合などがあります。そのようなケースでも次の代以降の相続先指定も可能となります。

詳しくはこちら>>>


不動産共有弊害対策

不動産は共有化することにより売却などをする場合に全員の契約がいるほか、共有化することにより権利関係が複雑化するリスクがあります。それらについても信託で対応可能です。

詳しくはこちら>>>


ペット信託Ⓡ

飼い主である自分が亡くなったり、寝たきりになるなど、もしものことがあった場合に財産の一部をペットのために残しておき、自分の代わりに面倒を見てくれる人にペットのために使ってもらう仕組みを親愛信託でつくることができます。

ペット信託Ⓡの詳細はこちら>>>


障がい者(障がい児)支援信託

身体的、精神的、知的等何かしらの障害を持っている子を親が介護している場合には、親が先に亡くなった後、どのようにしてその子が十分な介護を継続していくかが大きな問題となります。こうした親亡きあとの問題に対して親愛信託は有効な手段となります。

詳細はこちら>>>


認知症対策

認知症になったときのために不動産の売買などの契約を行うための法的なしくみが、親愛信託(民事信託)と成年後見制度です。親愛信託には裁判所に介入されることはなく、前もって信頼できる人に財産を託すことで、認知症後もご自身の希望に近い形で財産を運用・管理できる方策です。

認知症対策の詳細はこちら>>>


認知症で財産凍結してしまった事例(実家信託)

両親が認知症になるなどにより、資金が必要にもかかわらず実家の売買が難しくなることがあります。親愛信託を活用して対応する方法をご紹介します。

詳細はこちら>>>