協同組合 親愛トラスト

あなたの『願い』が叶う!『想い』が実る!
新たな相続・事業承継・財産管理のカタチをご提案します。☎︎ 093-777-7677 (平日10時〜16時)

TEL:093-777-7677(平日10時〜16時)

TOP >  スタッフブログ >  【スタッフブログ】親愛なる父のための親愛信託

【スタッフブログ】親愛なる父のための親愛信託

2021年12月02日
スタッフブログ お知らせ

こんにちは。

よつば民事信託とやまの布村です。

私は、地元密着業の不動産業とリフォームをメインに事業展開しています。

今の時期、年内に納める仕事に慌ただしい日が続いています!

先日、親愛なる我が父が亡くなりました。

88年の人生でした。

小さな頃から可愛がってもらった記憶しかない、大変優しい父でした。

よく遊んでもらって、よく学ばせてもらいました。

私は、次男で同じ市内に、別に家を建てて  私、嫁、小学生の長女、長男の4人で暮らしています。

ですので、これから実家には、母1人となります。

母は、87才。

父がガンと診断され、約4ヶ月で亡くなったダブルショックで少し認知症が入って来ました。

まだまだ不動産売買の署名、押印くらいはできますが。

さて、我、布村家の場合

長男である兄は、神奈川におり、所謂パートナーと言われる女性と暮らしています。

その女性と兄の間には、子供は居ません。

パートナーの女性には、前のご主人との間に2人の子供がいます。

父の手術を控えてその女性に言われたのは、「大学生の子供が居るので、父の入院費や介護費用は出せない。」でした。

次男の私には、婚姻関係にある妻との間に長女、長男がいます。

さて、父が大好きだった実家が、遺産分割でどのように扱われるのか?

病床にあった父の希望は、次男の私に託し、孫の為に残したい。でした。

兄は、非常にドライで、売って母親の介護資金にでもと考えているようです。

さて、今後どの様に展開していくのか…

もしかしたら、思ったより早く自分が信託のお世話になるのか?

機会がありましたら、ご報告したいと思います。

よつは民事信託とやま の 布村でした!

よつは民事信託とやま 布村之宏




◀︎ 前の記事 次の記事 ▶︎

<<<前へ 2022年1月 次へ>>>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の投稿


2022年01月14日
【スタッフブログ】親愛信託の優位性
2021年12月29日
【スタッフブログ】年末のご挨拶
2021年12月21日
★★新刊書籍発売のご案内★★
2021年12月16日
【スタッフブログ】2021年もあと半月
2021年12月02日
【スタッフブログ】親愛なる父のための親愛信託

各種情報を更新しています