協同組合 親愛トラスト

あなたの『願い』が叶う!『想い』が実る!
新たな相続・事業承継・財産管理のカタチをご提案します。☎︎ 093-777-7677 (平日10時〜16時)

TEL:093-777-7677(平日10時〜16時)

TOP >  スタッフブログ >  【スタッフブログ】民事信託を活用した空き家予防

【スタッフブログ】民事信託を活用した空き家予防

2021年11月25日
スタッフブログ お知らせ

民事信託を活用して、空き家予防をする。

これはかなり有効に民事信託を活用できます。

最近の困った事例、留意しなければならないポイントをいくつかあげます。

1.明治時代の所有権移転仮登記の抹消がしてない。

 しかも、もう存在しない建物の登記が残っている。

 相続>販売の準備中ですが、仮登記を打った相続人が

 見つからない。裁判所に申し立てをして抹消予定です。

 費用は当然かかります。

  例えば相続発生時に謄本を閲覧して、しかるべき

 対応を取っておくことが必要。後になればなるほど

 権利が複雑になり、当然対応するための費用もかかる。

2.返済済みの住宅ローンの抵当権抹消がされていない。

 銀行が社名変更されていて、まず新規に口座登録をして

 それから抹消という手続きになる。

 手続きに1ヶ月間を要し、決済日を延期する事になった。

3.未登記建物の相続登記

 クライアントが司法書士に依頼。司法書士は簡単に、

 解体するなら、表示登記をあげる必要はありません。

 売買するにしても未登記でもできますよ。

 全ての司法書士がそうでもないが、自分の仕事しかしない。

 売却と言う出口を考えていない。

 売買するのであれば、当然表示・保存登記もあげて欲しい。

 買い主が住宅ローンを使う場合は未登記物件では銀行は

 受け付けてくれない。

4.道に提供したが、名義がそのままと言う部分の登記を見落とす。

 名寄せを取らないで、価格証明だけで相続登記をする。

 やはり、この司法書士は出口を考えて、不動産物件調査を

 怠っている。

 今、駄目出しで道の部分の相続登記をさせている。

 結果売買が延期に。  

*必要な事、不動産は不動産として調査すべきと言うことです。

一般社団法人 よつば民事信託とやま 理事 前田敏




◀︎ 前の記事

<<<前へ 2021年12月 次へ>>>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の投稿


2021年12月01日NEW
【スタッフブログ】我、布村家の場合
2021年11月25日
【スタッフブログ】民事信託を活用した空き家予防
2021年11月04日
【スタッフブログ】親愛信託とは何?
2021年10月15日
【スタッフブログ】相続発生後の銀行口座からの払戻し
2021年09月30日
【スタッフブログ】先の見えないコロナ社会の今・・

各種情報を更新しています