傾聴とは?

私が⽇頃⾏政書⼠として相談業務を⾏う中で、意識しているのが、「傾聴
する」ことです。
「傾聴」とは…
相⼿のいうことを否定せず、⽿も⼼も傾けて、相⼿の話を「聴く」会話技
術を指します。意識すべきなのは、相⼿に共感し、信頼していると⽰すこ
と。
(コトバンクから引⽤)
⽿だけでなく⼼も傾けて、相⼿に共感し信頼していると⽰す。
⾔葉で表すと簡単なようで、実際にはなかなか難しいです。
こちら側が信頼していると⽰すからこそ、それを相⼿側が感じて受け⽌め
てくれたならば、話しづらいこともお話してくださるのだなと。
ご相談内容はさまざまですが、⾝近な⽅々との深いお悩みなどであれば、
なおさらです。
限られた時間の中で、傾聴することを意識しながら相談を受けていく。
お話をお聴きしていく中で、解決できること、できないことが整理されて
いく中で、その解決⽅法の⼀つとして、信託が候補としてあがることがあ
ります。
その際に、親愛信託をご提案させていただきます。
お困りごとの解決策に親愛信託がお役に⽴てるかもしれません。
お近くのよつばグループ各社団へご相談ください。
よつばグループは
来⽉10⽉より、毎⽉4⽇を「よつばの⽇」として、セミナーを開催いたしま
す。
松尾陽⼦代表が、講師として全国のよつばグループを巡ります。
第1回のリアル開催は東京。
リアルとオンラインのハイブリッド開催です。
初⼼者セミナーと実務者セミナーの2本⽴てで実施します。
セミナーのお申込みはこちらから
https://shinai-trust.peatix.com
皆様のご参加、お待ちしております。


よ•つ•ば親愛信託普及連合 理事 林 直美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。