確認しないとトラブルを生む「なんちゃって信託口座」「信託口口座もどき口座」

信託契約において、お金を信託財産にしたいときは「信託口口座」を開設します。この「信託口口座」が実は曲者なのです。

協同組合親愛トラスト(よ・つ・ばグループ)では、親愛信託®を組成する際、原則として「信託口口座」を作ります。

<信託口口座の主な特徴>
「信託口口座(しんたくぐちこうざ)」の特徴の一つは、「委託者が認知症になっても口座が凍結されない」ことです。信託契約を結ぶことにより、委託者が認知症になったとしても、あらかじめ決めてある信託契約の内容に沿って受託者が口座を管理できます。この「分別された(受託者の財産から切り離された)」口座のお金は、設定された受益者(多くの場合、委託者)のために使えます。多くの場合、デイサービスの費用などはこの口座の預金を使います。
また、「受託者が死亡しても口座が凍結されず、契約で指定された第二受託者が引き続き管理を行える」ということもあります。
つまり、委託者や受託者に何かあったとしても、信託契約に沿って口座が管理されます。

<「なんちゃって信託口口座」とは>
ほとんどの場合、ご依頼者はご自身が口座をお持ちの金融機関に「信託口口座」を作ることを希望されます。ですから私たちは、その金融機関に尋ねます。「信託口口座を作れますか」と。
金融機関によっては「作れません」と答えますので、その場合は、残念ながら別の金融機関を探すことになります。ですが「作れます」との返答をもらったとしても安心できません。上記の「特徴」を満たす口座なのか確認する必要があります。
「作れます」と言われた最近の例においても、実際にもう少し踏み込んで確認したところ、該当しない、つまり、「凍結される」口座でした。これでは普通預金と変わりません。名前だけ「信託口」ですが、実態は普通預金であることがまだ多いのです。これが「なんちゃって信託口口座(以下、「なんちゃって口座」)」とか「信託口口座もどき口座」とかと呼ばれるものです。

<なんちゃって口座のリスク例:受託者の相続財産に!?>
では、「なんちゃって口座ですと、どのようなリスクがあるのでしょうか。一例を挙げます。
委託者は受託者(信頼する人)に信託財産として口座の管理を任せます。ですから、預金の管理は受託者が行います。
では、万が一、受託者が先に亡くなった場合、「なんちゃって口座」の預金は誰のものでしょうか。

結論は、「受託者の相続人」です。
つまり、「分別された(受託者の財産から切り離された)」はずの口座が受託者のものに(正確には「受託者の相続人」のものに)なってしまうわけです。信託口口座の重要な機能『倒産隔離』が働かないのです。
この時点でまだご健在な委託者は、それを望んでいたでしょうか。もちろん違いますね。ですから、親愛信託®の組成をする際には、利用しようとしている銀行の「信託口口座」が本物なのか、「なんちゃって口座」ではないのか、とても気を遣って確認します。

先日も、ご相談案件を受け、ご依頼者が希望されるいくつかの金融機関に連絡しましたが、どこも“本物の”「信託口口座」はまだ開設できず、別の金融機関にせざるを得ませんでした。
とはいえ、近年、親愛信託(民事信託・家族信託®とも言います)の活用が増えるにつれ、“本物の”「信託口口座」を開設できる金融機関は徐々に増えています。

どの金融機関で正真正銘の「信託口口座」が作れるかは、とても重要な情報です。
協同組合親愛トラスト(よ・つ・ばグループ)では、定例全国会議で毎回最新情報を確認しています。

今回は、「なんちゃって信託口口座」とそのリスクについて簡単に解説いたしました。

(一社)民事信託推進協会(みんすいきょう)理事 行政書士 島田 満俊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL