保険業・不動産業・士業の方

お客様へのサービス向上に、親愛信託を役立てませんか?

親愛トラストは保険業、不動産業、士業の方と協業していきたいと考えています。お気軽にお問い合わせください。

保険業の皆様へ

保険と親愛信託®は家族や事業の後継者に財産を残すための有効なしくみですが、それぞれにできること、できないことがあります。例えば、生命保険を使って納税資金を作ることができますが、親愛信託®ではできません。逆に認知症対策や意向に沿う財産相続や事業承継などにおいては親愛信託®の方が活用しやすくメリットも大きいと思われます。2つのしくみを上手く組み合わせて活用することで、お客様のニーズや想いにきめ細かく対応する財産相続・事業承継プランを提案することが可能となります。

不動産業の皆様へ

不動産の相続等において親愛信託®は有効です。例えば、お客様が認知症になってしまい特養などの施設に入り、空き家になった場合には固定資産税などの負担が増加します。ご家族は空き家を販売したいのですが、名義人が認知症の場合、売却契約ができません。このようなケースも信用信託®を活用しておけば問題はありません。また、収益物件を相続で共有化した場合も信用信託®を組成しておけば、売却、管理に支障が出ることはありません。不動産取引をスムーズに進め、お客様サービスの向上を図るうえで、親愛信託®はとても役に立ちます。また、不動産コンサル業において、税務や契約書作成などで連携していくことも可能です。

士業の皆様へ

多様な士業向けセミナー・勉強会の開催や信託案件の共同受任など、士業の皆様との協業に積極的に取り組んでいます。

1.士業向けセミナー・勉強会の開催
親愛トラストでは、信託を勉強するための「士業向けのセミナー」「連続講座」「合宿」を企画。士業同士の勉強会なども主催しています。

2.共同受任
信託の仕事を受注したけれども、経験が不足しているという方と共同受任することも行っています。
また、「自分は税理士で税金には強いけど、契約書や法律の知識は不足している」「司法書士で法律や登記には強いが、事業や経営のわかる専門家と共同で仕事をしたい」など、一人で信託の組成をすることに不安を持つ士業の方々と一緒に受注することも可能です。

親愛信託を用いて、保険業、不動産業、士業のお客様の悩みを解決しませんか?

親愛信託で解決可能なお悩みの例

●先代から引き継いだ会社または不動産を所有しているが何も対策をしていない。
●会社を経営しているが、隠居、引退時期を考えていない。
●会社の株主が、相続などで分散している。
●会社の株主が、一人だけである。
●所有不動産の名義人が、高齢、共有である、引き継ぐ人(子供がいない・ 子供に障害がある・疎遠・浪費家のため)が決まっていないなど将来が心配。
●自分の財産を渡したくない相続人がいる。
●自分の思い入れのある財産があり、あげたい人・渡したい人がいる。
●結婚、離婚を繰り返し家族関係が複雑になっている。
●財産を持っている親や親族が高齢で、認知症の心配がある。

全国の一般社団法人で会員を募集しています。

当組合に所属する一般社団法人では会員を募集しています。会員登録していただきますと、本部主催の「親愛信託®セミナー・勉強会」に参加できる、本部からの親愛信託®に関する情報提供を受けられるなどのメリットがあるだけでなく、お仕事のうえでも積極的に協業していきたいと考えています。ご興味のある方は下記までご連絡ください。

お問合せは、お気軽に。

093-777-7677 担当:松尾まで