ペットまごころ信託

愛するペットのための信託をつくることも可能です。

動物愛護センターや保健所に持ち込まれるペットの多くは飼い主さんが亡くなったり体調・病気・引っ越し等で世話が出来なくなるケースです。誰かに里親をお願いするにしても先方の方が若ければ年収の問題、シニアの方であれば年齢制限の問題があります。ワンちゃんの場合、65歳をこえると里親などが困難となりますが、NPO法人等提携し終生飼育可能な社会を目指しています。猫ちゃんの場合 特に多頭飼育をされる方が猫ちゃん達の将来を心配している相談が急増しています。
飼い主である自分が亡くなったり、寝たきりになるなど、もしものことがあった場合に財産の一部をペットのために残しておき、自分の代わりに面倒を見てくれる人にペットのために使ってもらう仕組みを親愛信託でつくることができます。最大の問題は「ペットのためにどのくらいお金を用意できるか」と「誰がペットの世話をするか」のふたつ。具体的にはペットの引受先の対応、ペットホテル・老犬ホーム・愛猫ホーム、病院・シッター美容院、里親希望まで、ペットの飼い主さんの希望に応じて対応します。一般的にワンちゃんの生活に必要な費用は年間30~40万円 猫ちゃんは若干少なく15万~30万くらいと言われています。

■ペットオーナー様の不安・心配を解消するためのご相談に応じます。

大事な家族であるペットのために動物法務士を含む親愛トラストの会員の行政書士事務所がペットオーナー様の不安・心配を解消するためのご相談に応じています。ペットまごころ信託®とは、万が一、ペットオーナー様がご病気などでペットのことを世話することが出来なくなっても信頼できる人間にペットの世話をしてもらうための民事信託を契約し、それにともなう費用を信託する方法です。
配偶者の方やお子様がペットの世話をする事が可能な場合でも万全のフォローアップをし、ペットの介護等の負担・病気への対応などによるご家族の負担を減らします。